• GROW f.c

静的ストレッチ(スタティックストレッチ)

こんにちは!GROW広報の翔平です。


 今回は私の体験談を踏まえて、静的ストレッチに関するお話をしていきたいと思います。ストレッチとは、筋、腱、関節などを能動的にあるいは他動的に引き伸ばすことであり、ウォーミングアップやクーリングダウンをはじめとするスポーツ実施時の身体的コンディショニングの一環として、あるいは筋肉の疲労回復手段として広く取り入れられています。ストレッチにはいくつかの方法があり、目的に合わせて行うのが望ましいです。


■静的ストレッチ(スタティックストレッチ)

 反動をつけずに、筋をゆっくり伸ばしていくストレッチです。筋肉の疲労回復やスポーツのクーリングダウンで行い、ケガの防止にもなります。

 行う上で注意すべき点がいくつかあり、静的ストレッチは筋が引き伸ばされることで、行った直後は筋力を発揮しづらくなることです。よってスポーツの準備運動で行うとパフォーマンスが低下する恐れがあるので、あくまでクーリングダウンとして行うのが望ましいでしょう。私が学生時代に、ボクシングの試合前に静的ストレッチを十分に行ったことで、筋力が安定して発揮できなくなった経験があります。

 また痛みを我慢して、無理やり筋肉を引き伸ばすやり方も弊害があります。筋肉は急激に引き伸ばされると、元の長さに戻ろうとして収縮しようとする(伸張反射)ので、筋肉を損傷する可能性があります。痛気持ち良い範囲でキープしゆっくり行いましょう。


~まとめ~

静的ストレッチで意識すること!

①伸ばしている筋肉を意識する。

②痛気持ち良いくらいの位置をキープしゆっくり伸ばす。

③呼吸を止めずに深く呼吸をする(吐いたときにより伸ばす意識で)。

④身体が温まっているときに行うと効果的。

⑤継続して行うこと。


次回は動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)についてお話ししたいと思います。


58回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

使える筋肉、使えない筋肉とは?

こんにちは!GROWの翔平と申します。 今回は「使える筋肉、使えない筋肉」論争について、私の意見を述べたいと思います。 そもそも何故そのような言葉が生まれたのかといいますと、ボディビルダーのように肥大した筋肉に対して、「それだけ鍛えてるのに何で動けないの?」といった、見た目の期待値とのギャップが発端だと思われます。しかし皆さんよく考えてください。ボディビルダーの筋肉はボディビルの舞台でパフォーマン

フォームの留意点

トレーニングフォームにおいて、まず理解するべきことは、その種目はどこの筋肉を鍛えているのかという点です。筋肉にはそれぞれ役割があり、動作によって機能する筋肉は決まっています。よって、それを理解することで正しいフォームを身に着けることが出来ます。逆に理解していないとフォームが崩れてしまい、自分で修正するのはほぼ不可能です。これはトレーニングの5原則である「意識性の原則」にも通じ、トレーニング効果を高

8月休館日と休日の栄養補給

皆さんこんにちは! フィットネスクラブGROWの翔平です。 休館日のお知らせです。 8月14(金)・15(土)・16(日)は休館日となります。 ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いします。 さて、筋トレがオフの日の栄養補給ですが、皆さんはどうされていますか?結論から言いますと、オフの日もタンパク質は積極的に摂取してください。筋肉の合成というのは、身体を休めている時にも行われ